フローリングリフォーム 上張り(重ね張り)のメリット・デメリット

フローリング上張りメリット、デメリット つくば市のフローリング張替え

フローリングリフォーム 上張り(重ね張り)のメリット・デメリット

フローリング上張りメリット、デメリット

フローリングを新調しようとするとき選択肢になるのが、
「上張り、重ね張り」と「張替え」の2種類です。

今までは、
全面張替えに至らない軽度な傷みでも
高額な全面張替えをしてしまう選択肢の少ない状態でした。

どちらを選ぶかで工事期間や費用が大きく変わってきます。

上張り工法は近年では人気が高く、
大手ハウスメーカーのリフォーム部門などは
フローリングの上張りは標準工法となりつつあります。

上張り(重ね張り)を選ぶことでどんな
メリット、デメリットがあるのでしょうか。

上張り(重ね張り)工法のメリット

張替えに比べ費用が抑えられる

費用が安く済むのは、
多くのユーザー様から選ばれる
上張り(重ね張り)の一番の利点といってもいいでしょう。

既存のフローリングをはがさず上から張りつける為

*解体の手間がかからない
*解体よるゴミや廃棄処分料金もかからない
*それに伴う人件費もカットできる

工期(時間)

短期施工のフローリングリフォーム

これも上張り(重ね張り)工法の利点です。

部屋の形状や下地の状態にもよりますが、
多くの現場では6~8畳の部屋なら1日もあれば施工完了します。

張替え工法ではまずありえない工期です。

 

工事による騒音やホコリ問題

張替え工事では解体撤去の音や、
多くのホコリが出ます。

施工時は釘の打ち込み音など、
特にマンションや近隣が隣接している場所では
ご近所に気を遣われると思います。

上張り(重ね張り)工法では主に接着剤を用いますので
まったく騒音がないわけではありませんが、
特に気を使うほどではありません。

 

二重床による強度アップ・防音効果・断熱効果も

*二重床になることで強度が増します。

*2階の床に施工した場合は
1枚の床より確実に1階に遮音(防音)効果が見込めます。
マンションのリノベーションにもよく採用される工法です。

*二重床となることで断熱性も1枚床よりアップします。
床暖房も対応できるフローリング上張り材で更に効果が見込めます。

 

手軽に部屋の雰囲気がガラッと変えられる

床のリフォーム茨城県

部屋の床の存在感は予想以上です、

内装大工の職人さんに聞いても
「雰囲気を変えるなら一番は床、次にクロス」
と誰もが口にします。

現在は様々な素材や色が販売されており、
まるで別の部屋と間違えるほどです。

 

上張り(重ね張り)工法のデメリット

いいとこばかり話しましたが
デメリットもあります。

上張りフローリングのデメリット

段差・上りが生じる

床の上にもう1枚張るということは当然厚みが増します。

現在様々な上張り材が販売されてますが
その多くは5mm~12mm厚です

特に最近販売されている
手軽なDIY用の市販品は、
厚みもあり、
本来のフローリングの質感とは程遠い
カッターで切れるようなビニール素材で
フローリングというよりクッションフロアに近い質感です。

DIY用などの市販品はお手軽な分
部屋の端部など仕上がりも踏まえ、
とりあえず上に敷ければよいという
割り切りも大切です。

更に部屋の敷居の厚みに
収まれば問題ありませんが、

そうでない場合は
対応の見切り板などの処置が必要となります。

また薄い上張り専用のフローリング材を使用しても
部屋の床全体が上がるので
人の感覚で違いますが、
違和感を覚えるかもしれません。

上張りのフローリングは
サネ(雄、雌のジョイント)がない物も多く
下地の凹凸に対応できず
床の継ぎ目が目立つ結果となります。

ドアなどの建具に干渉する

床が上がるということは、
入り口やクローゼットのドア、などに干渉し
アンダーカット(下部を削る)しなければなりません。

また、厚めの上張り材を選択した場合は
巾木の高さがなくなり不自然な形となります。

防音床・床暖房の上から張れないケースが多い

現在上張り専用床材のほとんどが
防音床や床暖房の上から張ると、

防音性能を妨げたり、床暖房の機能を
低下させるなどの原因になりかねません。

下地の確認ができない

上張り(重ね張り)工法のメリットでもある
解体撤去不要は実はデメリットでもあります。

湿気の多い部屋などは
床の下地が悪くなっている可能性もあります。

上張りでは下地の状態までの確認はできません、
フローリングをはがさないので当然
デメリットにもなってしまいます。

床鳴りや多少のタワミだけであれば
二重床になる強度と
簡単な処置で治るケースも多いですが、

上張り(重ね張り)工法はあくまで
傷、はがれ、色あせなどの
フローリング表面に対して有効です。

床がブヨブヨする、などの場合は
フローリングではなく下地(根太)の問題です
面倒でも下地チェックをしないと後悔するかもしれません。

こちらの記事もおすすめ

茨城県のフローリング 床の傷、色あせ、剥がれの補修、修復お任せ下さい!
傷、色あせ、剥がれ、剥離だけでわざわざ張替えはお金のムダ? 床、フローリングのリペアー、補修、修復での選択肢は大きく分けてコストのかかる全面張替え又はリスクの高い再塗装ですが、もっと手軽に安く早くキレイにできる方法があります。

従来の上張りフローリングのデメリットを全て解消した 「ナオスフローリング」とは

UR都市機構や大手不動産会社で指定材として
全国的に高い評価を受ける「ナオスフローリング」

3mm厚のフローリングが
段差問題を解消し、
防音床、床暖房の上から張っても
性能を妨げない唯一のフローリング材です。

クッションフロアやフロアタイルの
上からも張れる優れモノです。

またDIY用の市販品と比べ
下地の凹凸に強い!建具に干渉しない!
仕上がりと、安さで差が出る本格上張り材です。

業界唯一無二のナオスフローリングのご紹介↓

上張りデメリットが解消された
ナオスフローリングのご紹介

 

当社、上張り(重ね張り)施工事例

 

フローリングに関することはヒジリワークスへご相談ください。

安くてキレイな茨城県のフローリング張替え、補修、床リフォーム
床、フローリングのリフォーム,張替えはお任せください! フローリング、クッションフロア(CF)、フロアタイル 等 茨城県内施工承ります 床がブヨブヨ、本格的なフローリングの 全面張替えのリフォーム、リノベーション ...

茨城県のフローリング床張り替え、社員一同

まずは無料ご相談承っております
ナオステック株式会社加盟
ヒジリワークス
029-279-0090

 

上張りデメリットが解消された
ナオスフローリングのご紹介

 

当社、上張り(重ね張り)施工事例

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました