LL-45等級の防音床にも対応、茨城でマンションのフローリング張替え

マンションの床張り替えに対応L45,床暖房にも張れる唯一のフローリング LL-45

今まで難しいとされていた、LL-45等級の防音床にも上張り可能です

全国のマンションの多くの床にほぼ標準で規定されている

防音床LL45(床暖房含む)の床にも上張りできます。

マンションの床張り替えに対応L45,床暖房にも張れる唯一のフローリング

防音フローリングのLL-45(L-45)規格とは

LL45のL値又は等級のことですが、

日本複合・防音床材工業会(JAFMA)

で定めている防音、遮音基準でL値は少ないほど良いです。

例えば、
上の階で物を落とした衝撃音が
下の階にどの程度響くかという基準で

L値が少ないほど伝わりにくいということです。

L値(等級)は40~80まであります。

近年、マンションなどに採用されている防音(遮音)床は

LL-45等級がごく一般的です。

マンションで勝手に床リフォームは下層階からのトラブルが多発

このLL-45等級の床の上に何かを上張り(重ね張り)しようとすると

構造上、不陸や歪みが出たり、
遮音性が妨げられ著しく性能が低下することがあり
下層階への騒音の原因になり
住人同士のトラブルにもつながります。

多くのマンション管理組合では
フローリングの上張り(重ね張り)を禁止しています。

防音(遮音)フローリングに唯一上張りできる優れもの

まずは比較されている動画をご覧ください

防音床に関する
毎回多くの案件のお問い合わせをいただいております。

このLL45等級の
防音フローリングの上に上張り施工しても、
遮音性を妨げないことが唯一証明されているのが、
ナオスフローリングの優れた
特徴のひとつでもあります。

防音フローリングの下には遮音マットがあり
そのマットが伸縮し防音効果があるわけですが、

これらの床に
通常のフローリングを上張りしてしまうと
遮音マットが伸縮できなくなり
防音性が低下し騒音となります。

実際に多くのリフォーム業者の
クレーム事例を頻繁に耳に入ります。

「ナオスフローリング」は
遮音マットの伸縮と同じように適度にフレックスします。

更に専用の特殊接着剤です。

一般の内装大工さんが使用するのは
床用のウレタンボンドですが、

使用するボンドは
ナオスフローリング専用で、
弾力がありゴム状に密着する
特殊シリコンボンドを使用してます。

これらのおかげで防音性能を妨げない、、、
というよりは、
むしろ防音性能が確実に上がっていると
現場施工している職人の誰もが口にします。

 

断面図を文章にすると、、、

*既存の防音フローリング

*ゴム状で弾力性のあるボンド

*ナオスフローリング

ですから、、、カンペキです。

防音。遮音フローリングの張替え、上張り 茨城県

 

全国のマンション、公団住宅の
大規模リノベーションで使用する床に

「ナオスフローリング」を使用することが
もはやスタンダードになってきてます。

この床材の品質は間違いありませんので、

ご検討の方は一度お問合せ比較ください。

 

リフォームで床張り替え、石岡市、フローリング上張り

水戸市の床張り替え施工までの流れ

 

お電話でのお問合せ
029-279-0090

 

お問い合わせはこちら

 

ナオスフローリングの特徴

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました