比較動画 防音フローリングの上張り(重ね張り)マンションの床張替え

茨城県マンションフローリング張替え LL-45

防音フローリングへの上張り比較,遮音性能を維持,マンションの床リフォームはこれ一択!

マンションの床リフォームは難しいとされてきた

L-45規格の防音フローリング。

床張り替えとなると高額な金額がかかります。

張替えより低コストで済む
上張り(重ね張り)を検討される方も多いのですが、
防音フローリングの遮音性能を下げてしまいます。

そのため上張りを禁止している
マンション管理組合がほとんどです。

しかし
唯一クリアして防音フローリングにも上張り対応の
「ナオスフローリング」
全国的にも知名度が高くなりました。

はたして本当に
防音(遮音)効果は
損なわれていないのでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

LL-45等級の防音床にも対応、茨城でマンションのフローリング張替え
全国のマンションの多くの床に多く規定される防音LL45(床暖房含む)の床にも上張りできます。LL45等級の防音床の上に上張り施工しても遮音性を妨げないことが唯一証明されているナオスフローリング。張替えより安く短期で済み、マンション販売会社のリフォーム、リノベーションで引き合いが強いフローリング上張り(重ね張り)材です。

まずは比較検証動画から

防音フローリングへの上張り比較、(重ね張り)ナオスフローリングで上張り、遮音性能を維持、マンションの床リフォームはこれ一択! 茨城県のフローリング床張り替え業者

防音フローリングの上張り検証結果

防音フローリングは
下に遮音性のあるクッションが取り付けられており
伸縮することで音や振動を吸収してくれます。

動画のように
何も上張りしていない状態だと
クッションは指で押すだけで伸縮します。

*防音床非対応のフローリングを上張り(重ね張り)

動画で確認できるように
フローリングにフレックス性がなくなりました。

防音フローリング張替え 水戸、つくば

下の遮音性のあるクッションが伸縮しなくなりす。
伸縮性をなくすと衝撃を吸収することなく
そのまま下へ伝わってしまいます。

つまり防音フローリングの役目を殺してしまってます。

 

*防音床対応の「ナオスフローリング」で検証

動画のようにクッションの伸縮に合わせ
フローリングが伸縮しているのが確認できます。

動画で比較 フローリング張替え 茨城県

遮音マットの伸縮を妨げてません。

むしろこれなら通常の防音フローリングに
プラス上張り効果で、
防音性能もプラスされていると思います。

厚みもたいして変わらないので
床の上がりや、ドア、建具に干渉を
心配する必要もありません。

 

床がたわんでも張り付く仕組みは特殊ボンド

また動画の最後に子供が飛び跳ねる場面でも
床がたわんで衝撃を
吸収しているのが確認できると思います。

お子様が飛び跳ねても心配いりませんよ

通常の床用ボンドでは
床のたわみに耐えきれず
割れてしまいそう、又はすぐに床鳴りが出そうです。

ナオスフローリングに使用されるボンドは
通常の床、フローリング用のボンドではありません。

ゴム状に形成され密着する
特殊ボンドを使用している為、
床のたわみにも断然強いのです。

マンションの防音床の遮音性を失い下の階への騒音トラブルに

通常ならば
床へのフローリングの上張りは
床が強化され
遮音性が上がります。

ところが防音フローリングでは
未対応のフローリングを上から張ってしまうと、

下部の遮音マットの伸縮性を無くしてしまい
遮音効果がなくなってしまいます。

マンションフローリング張替え

そうした理由で騒音トラブルが多発し、
マンションの管理組合では
フローリングの上張りは
禁止されていることろが多いわけです。

マンション管理組合でも許可 上張りフローリングはこれ一択

フローリングの上張りのメリットは、
全面張替えよりもコストが安く
短い期間で済み、部分張替えもでき
その後のメンテナンスも非常に楽です。

しかしほとんどのフローリング上張り材は

防音床へ未対応ですが、
動画のように
「ナオスフローリング」は床の遮音マットに追随し、
動く防音フローリングにも対応できています。

更に通常の床用のウレタンボンドではなく、
専用の特殊シリコンボンドで
ゴム状に変成され、
密着後に割れることもありません。

防音。遮音フローリングの張替え、上張り 茨城県

多くのマンションデベロッパー、不動産会社で採用

鹿嶋市のフローリング材の採用実績、施工実績

マンションのフローリングといえば防音床
そして床暖房への上張りも可能です。

 

床が傷んで張替えかな?
と思ったら是非一度ご相談ください!

今すぐお問合せ!
タイトルとURLをコピーしました